不妊の悩み

不妊の悩み

何年も夫婦生活を営んでいても、実査にはなかなか妊娠ができないといったこととか、赤ちゃんができないといった状況が続きますと、女性側としては、私って不妊症なの?と不安を抱くような悩みを抱えている人は沢山いると思います。
現代の日本においては、10組の夫婦のうちで、少なくとも1組は不妊症として悩んでいると言われており、不妊症といったものは、今では決してめずらしい事ではありません。晩婚化や高齢出産にともなって、更に身近に迫った問題となっております。
不妊症と定義される内容は、結婚した夫婦が赤ちゃんを欲しいと思って、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているといった状況にも関わらず、1年以上赤ちゃんを授かることがができない状態、と一般に言われております。

詳細にいいますと、日本産婦人科学会においては、平成27年8月29日から2年を1年に短縮して、その定義の期間を狭めて発表しております。結婚して1年経つけど子供が出来ないといった例ですと、今では、日本において1年以上が不妊症と定義されていますので、そうなりますと不妊症ということになってしまいます。

不妊症においてなぜ期間が定義付けられるようになったのか?

このように何故期間が定義づけられてくるようになったかと言いますと、一般的には、避妊を行わないで一般的な夫婦生活も行うような場合でしたら、全体の80%の夫婦において1年以内に赤ちゃんを授かることが可能といわれ、2年以内になりますと90%の夫婦において赤ちゃんを授かることが可能とされている現状があり、全体の1割というと、医療機関にて診療する必要が認められると日本における医学界においては判断されているからです。

また少子化を叫ばれている日本の現状も憂慮しますと、子供を望むカップルにおいて子供が出来ない状況は、今や放置しておくことは出来ず、医療機関や行政サービスの拡充も求められている現状があります。

赤ちゃんが欲しいと望んでいるにも関わらず、なかなか妊娠しないような場合には、まず専門の医師等に相談するといったことが大切になります。不妊治療は日本の現状では、保険適用の対象外となっておりますが、最初の検査においてはそんなに高額でありませんから、気になる方は出来るだけ早く診察をしてもらうようにしましょう。

【参照記事】卵子提供ドナー・エッグドナー・卵子バンクの募集・登録

運営者情報

Success!妊活.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。